アクセス・立地条件


中古でマンションを購入する場合に最初に考えなければいけないのがアクセスの良さなどの立地条件だと思います。 中古のマンション選びでは立地がもっとも重要と言われるほど大事な物です。立地条件という物は、住み心地はもちろん資産価値に直接的に関わってくるからです。



立地条件でもっとも重視されるのが交通利便性になっております。中古のマンションがある場所が都心部に近いほど通勤時間や主要ターミナル駅への所要時間は短くなります。 その分価格は高くなりますが、一日で自由に使う事ができる時間が増える事になりますので、価格が高い分だけ自由な時間を購入しているという事になります。



また、立地条件には商店や金融機関、教育施設、医療機関などの生活利便施設の充実度も重要な選択肢のひとつになります。 最近各地にできている大型ショッピングセンターやディスカウントスーパー、活気のある商店街などは、都心部よりも郊外や準都心エリアに多くなっております。 時間を取るか生活スタイルの充実を取るかは重要な選択肢になってきています。 他にも児童向けの行政サービスが充実していたり、自然環境や街並みの美しさなども立地条件に含まれますので総合的に判断する事が重要になります。