ペットOK


2016年現在、中古のマンション市場では大きな変化が起こっています。これまでとライフスタイルが変わった事もありそれらに合わせた物件の値段が上がっているのです。 その中でも最も大きな流れとして挙げられるのが、ペット可の物件です。



従来の小型犬ブームに合わせて空前のネコブームが到来している事もあり、ペット可の中古マンションは増えてはいるのですが、 それ以上にペットを飼って住みたいと考える賃貸者のニーズは高くなっていて、賃貸物件の数がどこのエリアでも不足しています。 競合物件を調査して、ペット可物件がほとんどない地域ではかなりの人気が出るはずです。 購入した中古マンションをほとんどリフォームせずに、近隣マンションよりも家賃を上げたとしても賃貸が付く可能性が高いのです。



もちろんペット可にする事によって、部屋に臭いが付いてしまったり、色々な所に傷がついてしまう可能性が無いとは言えませんが、 最近のペット可の物件は、敷金を多めに徴収する事ができたり、家賃を上乗せする事ができますので、しっかりと値段設定を行えばマイナス収支になる事はありません。 中古のマンションだからと言ってお金をお開けなくても利益を上げる事ができますので覚えておいて損はありません。